お弁当の日☆

先日小学校の参加日&(災害時)引き渡し訓練がありました。

土曜日なので給食はなく、毎年お弁当を持っていくのですが、今回は、そのお弁当を子供達が家で作ってみましょう~という学校からの提案がありました。

というのも、毎年、この参観の時、保護者が聴く講演会もあるんだけど、今回のテーマは

『子供たちの生きる力になるもの~親が子に遺せるもの~』

講演される先生は、九州で助産師をされている内田美智子先生。
‘弁当の日’推進の応援団として“性・生・いのち・食”について全国各地で公演をしていらっしゃるそう。

講演会にあまり参加しない(ダメな)私ですが、今回は興味があり、まず内田美智子先生についてネットでいろいろ調べてみました。

なぜ助産師さんがお弁当の日応援団なのか?

産婦人科に訪れる中高生と関わってみえた中で、おなかは満たされていても心が満たされていない、心のひもじい子供達がいること。食べることをどうでもいいと思っている子供は、生きることもどうでもいいと思っていること。性を大切にしようと思えば、生が大切なこと。生を大切にすれば、食が大切になること。
子供達が料理に取り組むと、意識がどう変わるかというお話が聴けるようでした。

幸いなことに、うちの子供達、夏休みあたりから、真ん中の娘のyuyuはその前からだけど、料理に興味があります。
長男haruahruも、夏休みにカレーライスを手作りするという宿題があったり、テレビチャンピオンで“小学生料理王”を何回も見て、料理をすることに興味を抱いていた時期でもありました。

なので、お弁当の日というのがあること、参観日には自分たちで作ってみたら?という提案にもちろんやる気満々!

まずは2人でメニューを考えます。


そして、決まったメニューは・・・

肉じゃが(高度じゃないか??)
卵焼き
ウインナー

肉じゃがは当日は無理なので、前日に2人で作りました。
ウインナーは焼くだけ・・汗
卵焼きは1人1巻き?1個づつ焼きました。

卵焼きは前から作ったことあるので、まあまあの出来。
寝起きで作り始めたもんだから、yuyuまだ寝ぼけてたのか、溶いた卵を一気にフライパンへ!
慌てて私が隣でHelp!フライパンにたまった卵液をボールに戻すというハプニング♪
あ、まちがえた・・・だって。しっかり目さましてくださいよ!やけどしますよ!!

肉じゃがも少し味の調整は私がしたけど、ほぼ2人で作ってましたよ。あーだこーだ言いながら。
おまけに次男machaまで加わって、ぼくがきるーぼくがやるーバタバタな夕方。

みんな大満足な肉じゃがができました♪

d0121419_15334638.jpg


お弁当の写真は急いでて撮るの忘れちゃった・・涙


学校から帰ってきた子供たちに聞いたら、自分で作ってきた子は、あまりいなかったよう。
5年生は半分くらい、3年は2,3人だったって。

中でも全部自分で作った子は5年のharuharuのクラスではharuharuだけだったって。

お弁当の時間に、講演された内田美智子先生が、教室を覗いて行かれたらしいんだけど、haruharuが自分で全部作ったって知ってもらえて、誉めてくれたそうです。うれしそうに話す子供を見てると私までうれしくなりました☆


感動☆の講演会の話はまた次に♪


ずっと前にyuyuがpapaとネットで調べながら作っただし巻き卵♪
3日間くらい続けて食卓に登場!
d0121419_232472.jpg

撮影:yuyu(デジカメに興味あり)
[PR]
by hymmama | 2010-11-01 23:08 | diary
<< 講演会☆ yuyu作のお味噌♪ >>