’子供を鍛える母の給食’

毎週月曜日放送の『プロフェッショナル(NHK)』
毎週録画している好きな番組ですが、今週は特に感動しました。

’子供を鍛える母の給食’

北海道の管理栄養士さんの佐々木さんのお話。

学校給食に力を入れて見える姿が素晴らしい。

温かいものは温かいうちに。揚げ物は揚げたてのうちに。
1年で同じメニューはほとんどないよう、佐々木さんが献立を決めてみえます。
手書きの献立表も、あったかくて良かった。


そして、食器も木の器でかわいい。置戸町という場所で、オケクラフトが有名だそうで、なんと、一つ一つ手作りだそう。

そして、子供達がどんなふうに食べてるか近くで見たいという事から、教室で一緒に食べて、色々話しかけながら食べてる所も良かった。

それからそれから、職員同士が仲良くしてなきゃおいしい給食は作れないって、休憩タイムは自らコーヒーとお菓子を人数分用意して、和気あいあいとしてた所も良かった。

定年で3月で退職されるらしく、若い管理栄養士さんに引き継いでいく中で、若い管理栄養士さんが色々覚えてプレッシャーに押しつぶされそうになり、高熱出した時も、抱きしめて、疲れたね~って、早く帰ってゆっくりしな、車で送ってあげようか、って、ホント良い人だなって感動。(この若い管理栄養士さんは佐々木さんの講演を聞いて感銘を受けて栄養士さんになられたそう)

カレールーもお味噌汁の味噌も手作り。味噌は3年物だそう。

こんな栄養士さんのもとで給食を食べれる子供達、良いなあと思います。



学校の給食で、あつあつ・あげたてを食べられるというのは、現実問題(児童数の多さや、職員さんの負担も大きいから)無理なのかなとは思うんだけど、全部の学校がこうなればいいなあと思いながら見てました。

yuyuも一緒に観てたんだけど、いいなあ~を連発してました。(特に木の器には食いついてた・・)
栄養士さんが教室に来てくれて食べるのも、こんなふうにしてくれんよ~(うちの学校は・・)とうらやましそう。

さっそく、佐々木さんの出されている本を注文しちゃいました。影響されやすい?笑(でも、在庫切れで予約注文!影響された方、私の他にもたくさんいるのかな!?)
良いんです。良いと思ったことはどんどん吸収しなくては!
まずは、私に出来ること、家庭の料理を心を込めて作ろう。


昨年今頃作ったわが家の味噌ももう完食してしまったので、今年も作ります。
材料は先日ネットで注文。今年は去年の倍、仕込みます。
また、子供達と、どろ団子(笑)作ろう!
[PR]
by hymmama | 2012-01-19 17:29 | diary
<< 味噌作り♪ 新年早々・・ダウン・・ >>