<   2010年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

おすすめ本♪

最近、本を読んで涙することが増えてきたような気が・・・。年のせい??苦笑

先日お話しした食育の本 「いのちをいただく」でうるっときたばかりなのに、この前の日曜日、本屋で危うく泣きそうになりました、私。

その本は、これ。

d0121419_15292924.jpg


ご存知の方も多いかな。

私、恥ずかしながら、最近まで知らなかったです。。

きっかけは幼稚園の会報で、毎月テーマがあり、選ばれた保護者はテーマに沿った話を書かなきゃいけないんだけど、先月のテーマは「おすすめの絵本」でした。お友達のお母さんの話が載ってたり(15人ぐらいのが載るので)結構読むのが楽しいので、毎月楽しみにしているんですが、その中でこの本のことを書かれていたお母さんがいました。その方は本屋で号泣しました・・。大人に読んでほしい絵本です・・と。

号泣しました・・・ネタに弱い私(映画でも本でもDVDでも・・笑)。気にならない訳がありません。すぐアマゾンでチェック!
大まかな内容を読んだだけで、欲しい!読みたい!買うぞ!てな具合にとんとん拍子に気持ちは進み・・・。でも、アマゾンだと2,3日はかかる。すぐ欲しい。

なので、本屋へgo!です。新しく村上春樹さんが翻訳されたという事で、今話題になっているのか、新作の棚に並んでました。

手に取り、読み始めたら止まらなくなり、最後まで・・。その時です。鼻がつーーんとして、目がうるうるっとしてきました。が、日曜日の本屋・・人がいっぱい!こんな所で泣くわけには・・・と、上を向き、目をぱちぱちさせて、鼻水と涙をひっこませました。。。
そして、これは、買って家に持っていたい☆と思い、買おうかと思ったんだけど、残念ながら、立ち読みされてるんだろうな~(私もだけど・・・)的な、カバーのくしゃくしゃ感がどうも気になって、お取り寄せしました。
そして、今日、本屋へ取りに行ってきて、さっきまた読んで、今度は遠慮なく、涙目。。。
涙が流れるまではこないけど、目の前がユラユラって感じ。(相変わらず表現下手で・・苦笑)

前置きが長くなっちゃったけど、この本の内容を少しだけ。


「大きな木」原題は「THE GIVING TREE」~与える木~

仲良しの大きなりんごの木と少年は、いつも一緒に遊んでいました。
りんごの木は少年が大好きでした。

しかし、少年はだんだん成長し、大人になり、りんごの木とも遊ばなくなります。

歳をとった少年はお金がほしいと木の所へ来ます。木はりんごの実を売りなさいと。
また月日が流れ、少年は今度は家が建てたいと、言いに来ます。
木は、枝を切って持っていき家を建てなさいと言います。
またまた月日が流れ、今度は舟で遠くへ行きたいと、少年は言いに来ます。
木の幹で舟を作りなさいと木は言います。

そして、何もなくなった木は・・・。

というお話です。

最後の所までは書きませんが、最後がせつなくて・・。

与える事、与えられる事、欲しがる事、、、

無償の愛、与えられる愛、、、

何が正しくて、何が違って、何が愛なのか・・・とても考えさせられます。

親である私はりんごの木だとすれば少年は子供達で、私が少年だとしたら、りんごの木は両親で。
夫婦の関係でも、友達の関係でも、どんな関係にもつながる事じゃないかと思います。

「あなたはこの木に似ているかもしれません。
あなたはこの少年に似ているかもしれません。
それともひょっとして、両方に似ているかもしれません。
あなたは木であり、また少年であるかもしれません。
あなたがこの物語の中に何を感じるかは、もちろんあなたの自由です。
それをあえて言葉にする必要もありません。
そのために物語というものがあるのです。
物語は人の心を映す自然の鏡のようなものなのです。」
(村上春樹/訳者あとがきより)


おすすめです♪



私達夫婦は、むやみやたらとおもちゃを与えたくない主義。物があふれる今の時代。物を大切にしてほしいし、買ってもらえるありがたさをいつまでも持ってほしいし。。


〇〇君は100点とったらゲームのソフト買ってもらえるんやと~。
△△君はなんでもない日なのに、ソフト買ってもらったんやと~。
♪♪ちゃんもそうやと~。

と、常々よそのお宅の事を引き合いに出す、わが家の長男&長女。

そんな気持ちもわかるけど、そうはしたくない・・・・。


子供達にじっくり読み聞かせたい、読んでもらいたい本でもあります。。
[PR]
by hymmama | 2010-11-19 16:34 | diary

さつまいもベーグル♪

前回作ったさつまいもあんぱんのさつまいもあんの後引くおいしさに負け、またまたさつまいもあんを作り、今回はベーグルに挟み込みました☆

名付けて♪さつまいもベーグル♪

d0121419_21285919.jpg

見た目はプレーンなベーグルだけど・・・
d0121419_21292160.jpg

真ん中にあんが入っとります!

これ、yuyuの案です。ベーグルに混ぜて作ってみたら~と。

シンプルなベーグルもいいけど、甘いベーグルもおいしい!

もちもち感&ねっとり感(表現力なし・・涙)が良いバランスです☆

1回の材料でだいたい8個分できるんだけど、毎回即日soldout!

1人何個??と、末っ子machaも’欲しい人で平等にわける!というわが家のルール’を厳守して聞いてきます。。
今回は小さ目9個出来たので、子供達には1人2個、papa2個、私1個てな感じ。。

材料増やしてもっと多く作って(剣道行く時剣道のお友達に)おすそ分けしたりしたいんだけど、オーブンが1段なので、一度に焼けれる量が限られてるんですよね・・。生地だけ多く作っておいて2回目焼けばいいんだろうけど、その間に過発酵しちゃいそうで失敗しそうだし・・。
あーー2段焼きが欲しい~~
(その前に発酵失敗しない’腕’を磨け!だよね・・)

[PR]
by hymmama | 2010-11-15 21:58 | パン&cooking

さつまいもあんパン♪

昨日の寒さはどこ行った~~??

まさにポカポカ陽気☆縁側で昼寝したいくらいだわ~。。


朝、体操服、長袖か半袖かどっち着たらいい?って聞いてきたyuyuに、そりゃ長袖やろ~って言ってしまったよ。帰ってきたら、怒られそ。。。苦笑


最近、またパン作り熱上昇中☆

2日前にベーグル。(写真なし)

昨日は、大量にあるさつまいもを使ってさつまいもあんパン♪とベーシックあんぱん♪

レシピはこちらをお借りしました。


d0121419_13104100.jpg


手順は簡単でした。
さつまいもあんがおいしくて・・・塗る前に結構味見・・・笑
さつまいもの甘さが分からないけど、砂糖は分量より減らしました。砂糖はてんさい糖。

くるくる渦巻がなんだかかわいくて。。

同じ生地を少し取り分けて、普通のあんぱんも4つ作りました。

家族の反応は・・・12個が売り切れ!また作って!   って感じで、大好評☆

次男macha・・・おかあさん、おみせでうればいいのに~  だって。笑

うれしいこと言ってくれるね~。
(でも世の中そんなに甘くないのよ。。心の中でつぶやく母・・・。)

yuyuも’毎日朝これがいい~~っ’て、さらっと。毎日は無理です!

焼きたてをハフハフしながら食べれるのが作った人の特権!なんだけど、味見が多くなると、おなか周りがね~・・・。でもやめられない。あの焼きたてのおいしいこと!
[PR]
by hymmama | 2010-11-11 13:32 | パン&cooking

虹♪

見た人いるかな?
d0121419_15535831.jpg


d0121419_15541082.jpg


大きい虹でした☆

なんで自然にあんなきれいな色が出るの??不思議だわ・・・・笑

寒くてビミョーな天気だったけど、ほんの数分だけ、心がほっこり♪幸せな時間でした。。。


あーもっときれいに撮れる携帯ほしいーー。。。
[PR]
by hymmama | 2010-11-10 15:57 | diary

プリティタオル♪

久々のハンドメイド作品です!

d0121419_15201146.jpg


プリティタオル♪
だいぶ前に作ったあのタオルです☆ 以前のはこちら→
でも、今回は作ったのは8歳の娘、yuyuです。

友達2人にお誕生日プレゼントで作りたい!と言ったので、私はタオルはこうやって切って~、ここ待ち針でとめて~など指示役。

自分で寸法を測り、はさみで切って、ミシンもおそるおそる(スピードはゆっくり・・)だけど
自分で縫ってましたよ。
両端のレースを付ける所だけ(布が分厚くなってて縫いにくい・・)私がお手伝いしました。

無事、完成しましたよ~♪

友達に似合う色を考えながら、布の山(汗)から選んで、ポイントのタグを選んで、切って、縫って、飾りのボタンもつけて~という工程を楽しんでやってました。。

友達にも無事渡して喜んでくれたみたいで、友達は早速次の日学校へ持ってきて使ってくれてたみたい☆

ハンドメイド熱・・私は今は冷めてしまっているので、娘にうつったのかな。。。苦笑
[PR]
by hymmama | 2010-11-09 15:52 | handmade

講演会☆

前回の続きです。。

内田美智子先生の講演会。

食育・生育・性教育・・・11歳&9歳&5歳の3人の子持ちの私にはとても興味がある・・というか、関心を持たなくちゃいけない事のような。。

講演会の時間になり、どんどん正門の方へ流れる保護者の波・・(引き渡し訓練が始まるまでの時間までお茶しに行ったり、一度帰宅したりする人です)
聴くのどうしよっかな~と迷ういつもはお茶するママ友達(去年はお茶してた・・汗)を泣けるらしいよ~~と勧誘し(笑)、体育館へ。



毎日食べること=生きること。命の大切さ・・

助産師さんである内田先生は、産婦人科での実体験を色々具体的に話してくださいました。

「死産してしまった母親が、1日だけ赤ちゃんと同部屋にしてくださいと願い、夜中、看護師がのぞいたところ、亡くなっている赤ちゃんにおっぱいをあげていた。にじみ出てくる母乳を赤ちゃんの口元へ近づけて・・・。この子に今おっぱいをあげているんですよ・・と。
母の愛の大きさ。わが子への無償の愛。」

「摂食障害を起こして受診した女子高生。小さいころから成績が良く、高校も進学校へ。だが、高校ではなかなか成績が上がらず悩んでるとのこと。でも、よくよく話を聞くと、母親に認められたくて今まで頑張ってきた。成績が悪くなり、母親に失望されるんじゃないかと悩み、摂食障害になった。」

「毎日お昼時にスーパーへお菓子やインスタントの食べ物を買いに来る女子高生。店主が毎日こんなものばかり食べずにまともな食事もしないとダメだよ、と言うと、そんなもの、誰が作ってくれるんだ!って返す高校生。」

「母子家庭で朝から晩まで働く母親に対し、母親らしい事してくれなかったのに・・・と反発する中学生。」


今の時代はコンビニ弁当や、カップラーメンがあり子どもの身体は育ちますが、ココロは育ちません。
子どもは育てられたようにしか、育たない。毎日、その子のために作られたものでないお弁当を食べて育った子がおっぱいをやれますか?離乳食を作れますか?
今は離乳食を作れないママ達がいるんだとか・・・。

内田先生は、忙しい時はほか弁でもいい。出来合いのものでもいい。でもそれを家の食器に移し替えるとか、味噌汁だけは作るとか。できれば手作りのものを一品添えてほしいと。


実体験の話はとてもリアルで身近な話でした。何度も涙がこみあげてきました。。

そのあとは、お弁当の日を最初に始めた小学校の話。
最初は何もできなかった小学生の子達が、今は中学生になって、毎月のお弁当の日は全員が自分ですべてのおかずを作ってくるんだとか。

この中学校の給食の残食は今ではほぼゼロに近いらしいです。

自分で作れば、作った人の苦労が分かる。
たとえ友達が不恰好な卵焼きを作ってきていても、作る大変さを知ってるからかっこ悪い~なんて言わない。
自分で作ると、調理の段階で、お肉のかたまりを切る・野菜を切る・・・ということは、その食材の原形を知る。

など、とっても勉強になること。など話されました。


そして、私が一番心に残った事。

内田先生は本を出版されています。
私は講演会がある事を知った時から、先生について調べ、著書があることを知りました。

「ここ~食卓から始まる性教育」

「いのちをいただく」

どうしても読みたくなって、アマゾンで購入。

ここ~はまさに講演会の内容とそれ以外にも盛りだくさんで、感動。

そして、「いのちをいただく」

講演会でも話されたんですが、このお話は、食肉加工センターで働く人と、育てた牛を同センターに運び込んだ女の子の家族との話です。

ショッキングな内容ではあるけど、涙がこみあげてきて、食べ物に対し、いつも感謝の気持ちを持っていなかった事に恥じました。

食卓に並べられるまでには、どういう過程があるのか。私たちが食べている物にはすべていのちがあったのだという事。お肉もお魚も野菜もすべて。

それをあたりまえに食べ、嫌いなものは残し、捨てる・・・。

それってどうなんでしょうか?

3人の子供達をここまで育ててきて、今さらこんなことに気づくなんて・・。

上の子供達も読んでました。真ん中のyuyuは何度も読んでました。。

「いただきます」「ごちそうさまでした」ってすごい大切な言葉ですよね。。

というわけで、長くなりましたが、私はこの講演会を聞いて、ほんとに良かった。
そうそう、どうしっよかな~って言ってた友達も隣で号泣!笑

私達、親は子供に何を伝えていくべきなのか、何が遺せるのか・・・。

食べることって毎日のことで、つい当たり前な事だと思いがちだけど、食べることって一番大切なことだからこそ、もっともっと考えていかなきゃいけないなと思うのです。。。


d0121419_15211672.jpg

[PR]
by hymmama | 2010-11-08 15:25 | diary

お弁当の日☆

先日小学校の参加日&(災害時)引き渡し訓練がありました。

土曜日なので給食はなく、毎年お弁当を持っていくのですが、今回は、そのお弁当を子供達が家で作ってみましょう~という学校からの提案がありました。

というのも、毎年、この参観の時、保護者が聴く講演会もあるんだけど、今回のテーマは

『子供たちの生きる力になるもの~親が子に遺せるもの~』

講演される先生は、九州で助産師をされている内田美智子先生。
‘弁当の日’推進の応援団として“性・生・いのち・食”について全国各地で公演をしていらっしゃるそう。

講演会にあまり参加しない(ダメな)私ですが、今回は興味があり、まず内田美智子先生についてネットでいろいろ調べてみました。

なぜ助産師さんがお弁当の日応援団なのか?

産婦人科に訪れる中高生と関わってみえた中で、おなかは満たされていても心が満たされていない、心のひもじい子供達がいること。食べることをどうでもいいと思っている子供は、生きることもどうでもいいと思っていること。性を大切にしようと思えば、生が大切なこと。生を大切にすれば、食が大切になること。
子供達が料理に取り組むと、意識がどう変わるかというお話が聴けるようでした。

幸いなことに、うちの子供達、夏休みあたりから、真ん中の娘のyuyuはその前からだけど、料理に興味があります。
長男haruahruも、夏休みにカレーライスを手作りするという宿題があったり、テレビチャンピオンで“小学生料理王”を何回も見て、料理をすることに興味を抱いていた時期でもありました。

なので、お弁当の日というのがあること、参観日には自分たちで作ってみたら?という提案にもちろんやる気満々!

まずは2人でメニューを考えます。


そして、決まったメニューは・・・

肉じゃが(高度じゃないか??)
卵焼き
ウインナー

肉じゃがは当日は無理なので、前日に2人で作りました。
ウインナーは焼くだけ・・汗
卵焼きは1人1巻き?1個づつ焼きました。

卵焼きは前から作ったことあるので、まあまあの出来。
寝起きで作り始めたもんだから、yuyuまだ寝ぼけてたのか、溶いた卵を一気にフライパンへ!
慌てて私が隣でHelp!フライパンにたまった卵液をボールに戻すというハプニング♪
あ、まちがえた・・・だって。しっかり目さましてくださいよ!やけどしますよ!!

肉じゃがも少し味の調整は私がしたけど、ほぼ2人で作ってましたよ。あーだこーだ言いながら。
おまけに次男machaまで加わって、ぼくがきるーぼくがやるーバタバタな夕方。

みんな大満足な肉じゃがができました♪

d0121419_15334638.jpg


お弁当の写真は急いでて撮るの忘れちゃった・・涙


学校から帰ってきた子供たちに聞いたら、自分で作ってきた子は、あまりいなかったよう。
5年生は半分くらい、3年は2,3人だったって。

中でも全部自分で作った子は5年のharuharuのクラスではharuharuだけだったって。

お弁当の時間に、講演された内田美智子先生が、教室を覗いて行かれたらしいんだけど、haruharuが自分で全部作ったって知ってもらえて、誉めてくれたそうです。うれしそうに話す子供を見てると私までうれしくなりました☆


感動☆の講演会の話はまた次に♪


ずっと前にyuyuがpapaとネットで調べながら作っただし巻き卵♪
3日間くらい続けて食卓に登場!
d0121419_232472.jpg

撮影:yuyu(デジカメに興味あり)
[PR]
by hymmama | 2010-11-01 23:08 | diary